業務内容

業務内容

  • ID 不動産開発業務
  • FM ファシリティ・マネジメント業務
  • PM プロパティマネジメント業務
  • CM コンストラクション・マネジメント業務
  • RE 不動産業務

ID 業務の概要

不動産開発業務では、開発にともなう事業立案・推進・実現を総合的に把握し、新しい資産価値を創造します。

  • ビジョン策定
    物件の持つ時代背景特性を正確に把握し、従来の容積率の最大利用を目的とした開発だけでなく、中長期での視野を加味し、唯一無二のビジョンを策定します。
  • 市場分析および戦略立案
    市場のニーズを分析・把握することにより、顧客の視点での事業価値を創造し、実現に向けての戦略目標・戦略マップ策定を行います。
  • アクションプランの作成
    計画実現に向けての組織構成、各種調整事項および行政対応、資金調達プラン、顧客満足および財務的な視点からの効率的なプロセスの統制を図り、スムースな事業開発をマネジメントします。
  • リスクマネジメント
    理論的な概念や統計的手法だけでなく、「事前の情報分析」と「リスクの流動性への対処」といった実践的な手法により、リスクの低減・回避を行います。
  • 事後評価
    学習・成長の視点から、問題点・課題点を正確に把握し、変革実現、業務プロセス充実のための技能、意欲の強化を図ります。

▲ページのTOPへ

FM 業務の概要

ファシリティ・マネジメント業務では、顧客満足度を高め、経営効率や運営効率を最大限に向上させる総合的なマネジメントを行います。

  • 継続的なプロセス改善の仕組み
    事業戦略の実現
  • 数値化した管理で、仕様発注から性能発注へ
    運営経費を最小化するため、設備管理業務、清掃業務、警備業務の品質管理を従来の経験的物指からデータを使用したベンチマークを活用し、仕様発注から性能発注へ組み替えます。その際、BSC(バランススコアカード:最良のサービスレベルの維持)、SLA(サービスレベルアグリーメント:顧客期待値の把握)、KPI(キーパフォーマンスインディケーター:顧客満足度評価)などの手法を活用し、企画提案・管理・運営を行います。また、業務のVE(バリューエンジニアリング:サービスに関する機能・性能・満足度等を最大化する手法)を行い、常にベストプラクティスを提案します。

▲ページのTOPへ

PM 業務の概要

プロパティ・マネジメント業務では、市場の変化に応じて、不動産の利用価値や再投資価値を高め、不動産の収益向上を最大限に引き出します。

  • 施設の統合管理、会計管理、資産購入、売却補助
    入金、請求、損益計算、キャッシュフロー計算などの資産会計情報をもとに、レントロール(賃貸状況一覧)、テナント動向、バジェットレポート(予算と実績)、マーケティング動向、リーシング状況等をまとめ、正確かつ迅速なご提案をいたします。
  • LCC(ライフサイクルコスト:建物寿命の最適化)提案
    収益最大化には、最大賃料、最小の設備投資で維持、さらに最小費用でメンテナンスを行うことが重要です。施設の長期間に渡る劣化を防ぐための建築、設備関連の見直しを行い、長期営繕計画を立て、施設のLCCを算定し、最適のLCCを提案します。
  • テナントリーシング
    物件のパフォーマンスを高める最大の要因であるテナントの稼働率に対し、現状のマーケットを把握し、エンドユーザーが何を求めているかを追究し、適切かつ価値向上のリーシング(テナント誘致)を行います。
  • ワークスペース提案(効率的なスペースの活用)
    オフィスの内装、レイアウト、空調、照明、家具等、施設内オフィスで働きやすい環境を作り出すことを念頭に、効率の良いスペースの活用をいたします。また、テナントとの定期的な会合を行い。問題点の確認と解決、集客や知名度アップのためのイベント提案、予算化した事業提案などにより、費用対効果を明確に提示します。
  • エコロジー提案
    地球温暖化に意識が高まる中、施設そのものの構造やCASBEEシステムなど、エコ・インテリジェントなビルの定義づけが重要視されています。競合との差別化や効率化、また、CSIの観点からエコに配慮した新しい管理体制を提供します。

▲ページのTOPへ

CM 業務の概要

コンストラクション・マネジメント業務では、複雑な施工の管理や、工期遅延、予算超過等の防止、高い技術を要する設計監理などにまつわる問題点を発見および把握し、解決に向けて効率の良いマネジメントを実施します。

  • プロジェクトの発注方式の選定
    入札方式、契約方式、プロジェクト実施方式(設計施工分離発注方式、デザインビルド、CM方式)等のより効果の高い発注方法を選定し、第三者の視点から効果的な事業遂行を図ります。
  • 施工管理
    技術的な中立性を保ちつつ、設計・発注・施工の各段階において、発注者の側に立った設計の検討や工事発注方式の検討、工程管理、品質管理、コスト管理などの各種のマネジメント業務を行います。発注者にとっては、コストの透明性が増し、経済的な工事を実施することが可能となります。
  • 内装管理
    デザインディレクション(全体環境計画、設計監理)、プロジェクト管理(コスト・スケジュール管理、図面審査)、施工管理(工事工程・安全管理、現場管理、法的与件対応・諸官庁検査立会)を行います。

▲ページのTOPへ

RE 業務の概要

不動産業務では、適正な不動産価値の評価を行い、購入・売却のサポート、戦略企画を行います。

  • デューデリジェンス
    物件の価値やリスクなどの調査を行います。
  • 出口戦略
    売却時のエグジットサポート(建物診断報告)を行います。
  • 不動産活用サポート
    マーケット状況を把握し、 不動産価値の適正な評価を行なった上で、適切なサポートをいたします。

▲ページのTOPへ